MENU

アスペルガーの特徴や診断、治療方法や症状や遺伝の考えについて

スポンサーリンク

アスペルガー症候群とはどのような病気なのでしょうか?
アスペルガー症候群というのは、自閉症という病気の1つになります。
このアスペルガー症候群の症状を持っていると、他の人との社会的な関係を持つことが苦手であったり、人とコミュニケーションを取ることが苦手出会ったり、想像力や創造する要素に障害があるということで診断をされます。
自閉症とアスペルガーの違いとは?
自閉症とアスペルガーというのはつながりがあります。
これは厳格に判断基準が或わけではないのですが、自閉症を抱える幼児が思春期を迎えると、アスペルガーの症状が強く出ていくると言うことがあります。
また、アスペルガーというのは、第三者が認識をできないということがあります。
これは、アスペルガーが勉強や運動がずば抜けてできるという人もいれば、人並みにこなす方もいると言うことがあります。
自閉症も同じような症状ではあるのですが、一番の違いは、自閉症の症状が第三者が認識出来るできないの差といってもいいかもしれません。
そのため、医療機関での診断でもアスペルガーの症状を自閉症と診断されることもあり、またその逆の診断結果になると言うこともあります。

スポンサーリンク

症状として、人の気持ちを読む事が苦手と言うことがあります。
自分の気持ちをストレートに行ってしまうという傾向が強いので、自分では失礼という認識はなく、思ったことを行ってしまうことがあります。
他にも、友人などと会話をしている際に、積極的に話すことができない、話をあまり理解できないと言うことがあります。
しかしながら、人によってはこの逆のパターンの方もいらっしゃいます。
自分の思い通りに周りに積極的に話をしたりすると言うことがあります。
そして、自分の思い通りにならない場合には怒ってしまうと言うこともあります。
これに同じく、自分の興味或ことに関しては、異常なほど関心を示すと言うことがあります。
例えば、言葉使いに細かいアスペルガーの人がいた場合に、言葉の使い分けを間違えると妙に気にしてしまい、指摘すると言うことがあります。
これらの症状というのは特徴としてあるのですが、一概にこれが病気が関係しているとは第三者から見るとわからないと言うことがあります。
アスペルガーというのは、実際に世界中に多くいらっしゃいます。
また症状の個人差によって普段で気づかないがいつも一緒に過ごしていると言うことがあります。
それくらい、個人差の強い症状でもあり、勉学が得意な人もいれば、逆に苦手な人もいます。
これは症状をもっていなくても当たり前にあることでもあります。
アスペルガーの症状というのは、意外にも短にある症状であるので、しっかりと理解をして一緒に過ごせる環境をつくるようにしましょう。
また同様に似た病気も多々あり、「自閉症」「ウィリアムズ症候群」といったものがあります。

スポンサーリンク