MENU

自閉症の症状には特徴があり、幼児から大人まで多くの方が症状を持っています。

皆さんは「自閉症」というものを知っていますか?
名前は知っているけどどういうものかあまりよく知らないという方はけっこう多いのではないかと思います。

 

自閉症とはいったい何?

 

この自閉症というのは、脳の障害の一種になります。
例えばですが、視線を合わせなかったり、1人で遊んだりといことが多かったり、特定のものに異常な執着心を持ったりという事があります。
一見、その姿や文字の印象から心の病気のようにとらえれること少ないくはないのですが、実際には心の病気とは全く異なる藻になります。

 

自閉症スぺクトラム障害について

 

言葉の理解や使い方、といったものをが同世代に比べて低いレベルと認識されていて、生活を行う上で、理解や支援が必要な方を「精神遅滞」と呼びます。
自閉症の方の中でも、この精神遅滞を伴う方と伴わない方に別れます。
IQによる区分わけになってくるのですが、精神遅滞が伴わない場合には「高機能自閉症」と呼びます。
似たもので、発達の初期の段階で言葉の理解能力が同世代より遅れているという事がなく、比較的流ちょうに会話ができることを「アスペルガー症候群」と呼びます。
こういった症状の境目がなかなかわかりづらいという部分にいる方も少なくはなく、周囲からの理解をなかなか得られれないという方も多いです。
また自閉症の特徴がいくつかある方を「非定型自閉症」と呼びます。
また特定不能の「広汎性発達障害」といわれることがあります。
上記にいくつか種類を述べていますが、これら「自閉症、アスペルガー症候群、非定型自閉症」これらを合わせたことを「自閉症スペクトラム障害」といいます。

スポンサーリンク

診断基準について

 

診断の基準ですが、大きく分けて3つに別れます。
1、 退陣的相互反応の障害
自閉症の子供は目を合わせたり、人の表情の理解、身振りといったものを理解することが苦手です。
また赤ちゃんだった時期では抱っこといった行動を喜ぶことがなく、嫌がったりすることがあります。
2、 意思伝達についての障害
自閉症の多くの場合として言葉の障害多いとされています。
特徴として同じ言葉を何度も繰り返すといったことや同じ言葉、数字に異常に執着すうるといったことがあります。
3、 限定された活動や行動、興味について
自閉症では同一性の行動をとることが多く、「体を揺らす、寄生を上げる、顔をしかめる、手で何かをたたく」といった行動をとります。
日常生活の中でも非常にこだわりを持っており規則をもって行動することが多いです。

 

これらの3つの中から一定の条件を満たした場合に自閉症と診断されることになります。

 

治療について
治療についてはパニックを起こすといったこともあり、症状の緩和のため処方箋を服用していくことがあります。
また、「療育」といった発達能力を最大限に引き上げることで教育部分での底上げを行い日常社会でなじむようにします。

スポンサーリンク

自閉症の幼児から大人までの症状の特徴とは?記事一覧

自閉症と言えば、重度の知的障害を伴い、言葉を発することも出来ずに、一生のほとんどを養護施設で過ごすイメージが強いと思います。このような典型的な自閉症はカナー型と呼ばれます。しかし、アスペルガー症候群を始めとする高機能自閉症と呼ばれる人は、知能の遅れはなく、時に雄弁でもあります。自分の関心のあることには、相手の反応お構い無しに喋り続けます。ゆえに、良好な人間関係を築くことが出来ません。子供の頃は、友...

高機能自閉症だからといって、必ずパニックになるわけではありません。理由もなくパニックになることはほぼありません。状況に応じてきちんと対応していけば、パニックになったとしても比較的早く解消させることができます。大人になれば、経験を積んでいますのである程度パニックになりにくいです。しかし、状況によっては冷静さをなくすこともあり得ますので適切に対応することを忘れてはいけません。高機能自閉症ならば、あいま...

自閉症は先天性の脳の機能障害です。コミュニケーションの障害と言われています。具体的には、人の表情を読めない、言葉の裏をくみ取れない等が挙げられます。多くの場合は、幼少期に発見されます。知能や言語に遅れがないと大人になるまで気づかれないケースも珍しくありません。大人になって、自分自身で違和感を感じ受診するのです。自閉症は治ることがないので一生付き合っていく必要があります。治ることがないのか、と悲観し...

近年、高機能自閉症の大人の方が仕事上でつまずくことが多く聞かれます。しかし、これは仕事での同僚や上司が高機能自閉症というものを理解できず、大人の付き合い方ができないことが原因となっているように思います。確かに、高機能自閉症の人はその症状から、つい失礼な発言をしてしまったり、仕事上で不測の事態が起きた時に柔軟な対応ができなかったりすることもあり、それが周囲の反感を買ったりします。しかし、特性を理解し...

自閉症スペクトラムいわゆる発達障害者の女性は男性に比べて少ないというのが定説でした。しかし、対人スキルが男性に比べて高いために目立っていないだけで、自閉症スペクトラムだと気付かずに悩んでいる女性は多いのではないかと、言われています。女性は男性に比べておしゃべりが大好きです。話題もファッション、グルメ、芸能、時事ネタと多岐にわたりますが、発達障害がある人は興味がないことには一切関心を示しません。その...

発達障害の中にも種類があり「自閉症」も発達障害にあたります。自閉症の人の症状は、いくつか種類があります。「言葉の発達が遅れている」「対人関係、人間関係のコミュニケーションがとれない」「パターン化した行動やこだわった行動」などが挙げられます。子供の頃は、自閉症の症状が出ていても気づかないことが多く家族が気づかないとそのまま大人になってしまうケースも少なくありません。自閉症の症状によく似ているのがアス...

そもそも発達障害とは、障害の言葉のイメージから連想されるような何らかの欠損というわけではなく、極端な発達の偏りのことを表しています。発達障害は様々に分類されており、精神遅滞、学習障害(ld)、広汎性発達障害、注意欠陥・多動性障害(adhd)などです。この中の広汎性発達障害に、自閉症やアスペルガー症候群などは分類されています。つまり、自閉症とadhdは発達障害の分類の時点から違いがあるといえます。発...

高機能自閉症とは、知的障害のない自閉症のことを言います。自閉症にも症状によって軽度や重度にわかれており、軽度の人には知的障害のない場合が多いです。高機能自閉症はアスペルガー症候群とも言われており、こだわった分野では驚異的な知能を発することもあります。高機能自閉症における原因は、脳の発達が関係しています。脳の作りが障害を持たない人と比べて生まれつき違うため、当たり前と思われるようなことができなかった...

中学生の自閉症スペクトラムの症状として見られるのは、集団参加への抵抗感、空気の読めなさと年齢にそぐわない幼い振る舞いなどが挙げられます。知的な面でグレーゾーンであると学習に遅れが出てくる場合もあります。 症状の改善には、周囲の理解と環境設定が大切ですが、中学生になると、自分の特性についての理解も必要になります。知的に遅れがない場合は、自助努力で社会生活を送ることが求められるので、自分の弱点を補う工...

自閉症とは先天性の脳の発達障害のひとつで、知的障害を伴っているケースと伴っていないケースに分かれます。知的障害を伴っていない自閉症は高機能自閉症、アスペルガー症候群と呼ばれ、幼児期に気付かないことも見られます。 自閉症の特徴は大きく分類すると3つあり、3歳までの幼児期に現れます。一つ目の特徴は社会性、対人関係の障害です。相手の気持ちがわからないため空気を読むことができず、その場と合わない言動が見ら...

あなたの職場や家庭に、自分勝手で頑固すぎる人はいませんか。またはあなた自身が、もう大人なのに周りに溶け込めない、なぜか人を怒らせてしまうと悩んでいませんか。もしかしたらそれは、大人の自閉症かもしれません。自閉症とは発達障害(脳の発達バランスに偏りが出てしまう障害)のひとつで、その特徴として社会性の発達に遅れが挙げられます。例えば、社会生活において次のような特徴が見られます。・こだわりが強く、ひとつ...

自閉症は先天性の障害ではありますが、その発見は比較的難しいとされています。というのも、ある程度成長が進む1、2歳ごろにならないと運動面や知能面での発達具合をチェックすることができないのです。とはいえ、乳児期に一切の特徴が表れないのかと言われれば一概にそうとは言い切れません。自閉症は主にコミュニケーション能力の低さ、そして認知能力の低さが顕著に表れていきます。これに知的障害も伴う場合もありますが、そ...

自閉症というのは、単なる性格の問題ではなく、知的障害の一種です。自閉症にはレベルがあり、軽度の知的障害であれば、恋愛することは十分に可能です。しかし、自分の知的障害のレベルがどの程度のものなのかがわかっていないと、恋愛している途中で不安になったり、好きな相手に思いが伝わらないことがあるでしょう。自閉症の人にありがちな不安ですが、「好きな相手に目線を合わせることができない」、「相手の気持ちがわからな...

自閉症は、脳の先天性異常のためにさまざまな支障が引き起こされる障害です。幼少のころから目立つ症状があらわれるようになり、大人になってから社会で苦労をしてしまう場合も少なくありません。自閉症になってしまう原因は、はっきりとしたことは分かってはいません。ただし、両親の年齢や遺伝、そして妊娠中による行いが自閉症を引き起こしてしまう確率が高くなると言われています。最近では、高齢出産による影響のために、自閉...

自閉症の人は社会生活が送りづらい特徴があり、それは特有の症状から周りと違った価値観を持つために生じてしまいます。自閉症は研究段階も進み、本人の性格や親のしつけが問題ではないことが分かっています。それでは何が原因となっているのかは、脳の障害によって特徴的な症状が出ると考えられています。その証拠に自閉症の人の脳は、その構造が障害を持たない人と比べて違いがあることが分かってきました。人に対する思いやりや...

高機能自閉症は、知的障害をともなわない自閉症を指します。自閉症でありながら、知能指数(IQ)が70以上ある場合には、高機能自閉症と呼ばれます。また、adhdは、注意力や多動・衝動性を特徴とする行動の障害です。就学前に気づくことが多く、生まれつきの障害と言われています。adhdは、知能には問題がありませんが、物事にあきやすく、すぐに新しい刺激を求めていきます。時間を守れなかったり、大事なことをすぐ忘...

自閉症は、幼少期の頃から典型的な症状があらわれてくるようになります。だいたい3歳から5歳頃までには診断できるような症状があり、はっきりと診断できた場合は専門的な療育を受けさせるといいと言われています。しかし、新生児においても疑いのある症状が見られる場合もあります。新生児の時点ではっきりと診断するのは難しいですが、自閉症ならではの行動や見た目が目立ってしまう場合もあるのです。新生児の頃から気にかける...

高機能自閉症とは知的障害を伴わない自閉症のことで、自閉症であっても知能指数が70以上あれば高機能自閉症に分類されます。高機能自閉症は知的障害を伴わないので大人になれば社会人になって一人で生活することも可能ですが、大人になっても以下のような症状が現れるので様々なトラブルを誘発することがあります。高機能自閉症代表的な症状の一つが社会性の障害です。他人に対してあまり興味がありませんし、人付き合いが苦手な...

自閉症はコミュニケーションの障害と言われています。自分の気持ちを伝えることの苦手な特徴があります。また、周囲の言いたいことがうまく理解できないこともあります。多くの場合、自閉症があることを子どもの頃発見されて専門の療育を受けることになります。しかし、近年では大人になってから結婚や就職の際に自分の生きづらさに気付き、自閉症と診断を受ける方も増えています。自閉症は脳の機能障害なので、大人になれば自然に...

自閉症の症状は、幼少期から徐々に目立ってくるようになります。だいたい3歳頃からはっきりと診断ができるような症状が出だし、小学校入学前に自覚する保護者が多いです。自閉症の子供は、特に小学生になると周りと比べて浮いたような存在になってしまうこともよくあります。小学生は自己が確立される時期でもあり、集団生活の中で周囲への思いやりや協調性が身についてくるときです。しかし、自閉症の障害はそれらが難しくなって...

自閉症は、その言葉のイメージから想像される「自らの心を閉ざしている病気」ではありません。自閉症の詳しい原因はまだ解明されていませんが、脳の機能障害と考えられ、近年、200人に1人の割合で存在していると言われています。自閉症は赤ちゃんの頃からの親のしつけが原因などとされてきたこともありましたが、現在では研究が進んでおり、早期の発見と支援により、子どもの状態が大きく変化することがわかっています。その特...

自閉症児はコミュニケーション能力、認知能力が健常児に比べて乏しく、その程度によっては社会性が著しく損なわれてしまうというケースが見受けられます。もちろん、自閉症児に表れる症状はそれぞれのケースで異なってきますが、その特徴は言葉や行動で表れることがほとんどです。具体的な例を挙げるとすれば3歳児前後の特徴です。3歳児前後になると健常児の場合、自然と社会性がついてきて言葉も多くなります。もちろん、その子...

自閉症スペクトラムとは、脳の発達に偏りがある障害のことをいいますが、どんな行動を取るかによって3つの型に分けることができます。孤立型・受動型・積極奇異型です。簡単に説明すると、孤立型は人と関わらず、ポツンと1人でいることが多いタイプです。受動型も自分から人と関わろうとしませんが、話しかけられると応じるタイプ。積極奇異型は自分から人と関わっていきますが、最初から馴れ馴れしく、相手の反応を気にせず自分...

高機能自閉症は先天性の脳の機能障害です。相手の感情を読んだり、暗黙のルールを守ることが困難な対人関係の障害です。幼児期には言語の遅れが見られることもあります。知的な障害を伴わない部分がこれまでの自閉症とは異なる部分です。学習面には問題がないため、高機能自閉症特有の行動を「本人のわがまま」として対応されてしまうケースがあります。パニックが理解されない行動の例として挙げられます。パニックに決まった形は...

自閉症は専門医により、3つの診断基準や様々な検査の結果等により診断されます。症状が重い子から軽い子までいます。自閉症の症状は、1.対人関係の障害(視線が合わず、表情や身振りなどのことば以外の表現がほとんどありません)、2.コミュニケーションの障害(話しことばの発達が遅れ、おうむ返しや独り言が多く、会話がうまくできません)、3.こだわり(興味や活動の範囲が極端に狭く、同じことを繰り返したり、周りの変...

高機能自閉症は発達障害の一種です。大人になってから発病するものではありません。生まれつきの障害です。人の気持ちを察することができない、暗黙のルールに対応できないなどコミュニケーションの苦手さが特徴です。これまで、幼児期の検診や義務教育を受ける中で周囲の大人が気付いて療育につながると考えられてきました。しかし、現在では大人になってから自分で病院受診して高機能自閉症と診断を受ける人が増えています。高機...

高機能自閉症とは、「コミュニケーション」や「社会性」、「こだわり」などに障害を持っていますが、知的な遅れを伴わないことが特徴の自閉症です。「コミュニケーション」の障害としては、「話しかけても返事がない」ことや、「好きなことを一方的に話す」ことなどがあり、他人に意思を伝えることが苦手です。言葉の発達の遅れや、言葉が出なかったり、オウム返しになってしまったりと、きちんとした言葉を使えなかったりする言語...

最近社会的に多くの関心が寄せられているのが、大人の高機能自閉症です。高機能自閉症はアスペルガー症候群とも呼ばれていて、教育機関では積極的に治療法や対処法を行っています。日本では高機能自閉症の子供に対するメンタルケアなどが重視されていますが、大人の高機能自閉症の対策も、最近では重要視されています。大手会社などでも大人の高機能自閉症に関するさまざまなサポートやチェックを行う企業も増えているため、しっか...

高機能自閉症は自閉症スペクトラムに含まれる脳の機能障害です。アスペルがー症候群とも呼ばれます。コミュニケーションの苦手さが主な障害です。具体的には、行間を読めない、冗談が通じないといわれています。これまでは、子どもの頃に発見される障害だと考えられてきました。しかし学齢期には見過ごされ、青年期に発見されるケースが増えています。就職や結婚で社会に出ると、暗黙の了解や社交辞令が増えます。これは高機能自閉...

アスペルガー症候群という高機能自閉症があります。高機能自閉症は知的障害を伴わない自閉症と言われています。知的障害を伴わないので、障害が分かりにくいのですが、社会性が乏しく執着心が強い等の幾つかの特徴があります。乳児検診でははっきりとした特徴が表れていないので、問題にされることはありません。しかし、保育園や幼稚園に入園すると、明らかに他の子供と違ってきます。その特徴の中に嘘をつくという症状もあります...

幼稚園での入園を申し込むときは、だいたい満3歳になってから申し込みをするという人が多いです。幼稚園は地域ごとにあるので、それを選んでいくのは保護者の役目となります。しかし、その時点で子供が自閉症と診断された場合、または疑いのあるときは幼稚園選びに慎重になる必要があります。なぜならば、幼稚園によっては自閉症を受け入れる体制が不十分なところもあるので、受け入れられない場合も少なくないのです。障害を抱え...

自閉症に関しては、早期発見、早期療育が有効と言われています。健診などで見つかれば、すぐに療育を勧められ、親子通園が始まります。 療育の方法としては、親御さんに自閉症の知識を学んでもらうことから始まります。自閉症の子を療育する方法は一つではありません。様々な療育方法がある中で、有効と言われているのが、TEACCH(ティーチ)です。1960年代にアメリカのノースカロライナ州で生み出された療育方法であり...

最近、自閉症スペクトラムという言葉をよく耳にします。これは、知的障害を伴う自閉症、知的障害を伴わないアスペルガー症候群も含まれています。自閉症スペクトラムの分類は専門家でも難しく、虹のように境界があいまいなこともあり、英語で連続体を意味する「スペクトラム」と言われています。主に3つの障害が特徴とされています。社会性、コミュニケーション力の欠如とこわだりが強いという特徴があります。人によって、症状が...