MENU

アスペルガーの恋愛と執着について

スポンサーリンク

アスペルガー症候群とは発達障害の一つで社会性やコミュニケーションに問題のある病気として知られています。
そのため、空気を読むことができないため人付き合いがうまくできなかったり人との接し方がわからなかったりすることがあります。
特に、恋愛においては距離の取り方が極端であり特定の人に執着する姿勢を見せることが多いです。
このことから相手に対して支配的になったり逆に服従してしまったりすることがあります。
そのため、アスペルガー症候群の人が恋愛をしたり結婚したりする場合は、相手に執着するがあまりDVやモラハラをしてしまうこともあります。
関係が終わった相手にも執拗に付きまとったりするなどの弊害が起こることもあります。

スポンサーリンク

アスペルガー症候群の人が恋愛をする時に弊害になってしまうのは相手への執着だけではなく、アイコンタクトなど非言語的なコミュニケーションが苦手だったり、気持ちを分かち合うことが苦手だったりします。
そのために、アスペルガー症候群と恋愛するのであれば、相手に具体的に明確に話してもらうことが必要になります。
気持ちを理解することが苦手ですので、言葉にしていくことです。
通常であれば、暗黙の了解として行うことでもルールを決めたりして明確にしておくことです。
相手がたとえ嘘をついたりしても、しつこく責めたりすると、何をされるかわからないところがあります。
そして、良好な関係を保つためにも、信頼して相談できる人がほかに必要です。

スポンサーリンク