MENU

アスペルガー症候群の特徴的な話し方とは

スポンサーリンク

近年注目されているアスペルガー症候群という精神疾患ですが、知的障害とは大きく異なるため、少し話しただけでは分かりません。
常人では発揮できないような力を秘めていることも多く、アスペルガー症候群の症状を上手く仕事に生かしている人も少なくありません。
しかし、長く付き合うようになりますと、アスペルガー症候群の特徴的な話し方に気がつくはずです。
では、その特徴的な話し方とは一体どのようなものなのでしょうか。
症状は人によって様々なのですが、主に会話のキャッチボールが出来ないという特徴があります。
アスペルガー症候群は、相手の感情や表情を上手く読むことが出来ない人が多いので、一方的な話し方をしてしまったり、検討違いの返答を返してくることがあります。
また、相手の気持ちを考えれば決して口に出来ないような失礼な事柄を話してしまうという特徴も併せ持っています。
しかし、アスペルガー症候群の人は、自分の話し方が原因で相手が怒ってしまったとしても、理由すら分からないのです。

スポンサーリンク

続けて、別のアスペルガー症候群の特徴的な話し方についてお話したいと思います。
それは、寝ているのかと思うほど黙りを決め込むという姿勢です。
話し方というよりは、不自然なほど何も話さなくなってしまうというところが特徴的です。
会話の筋を読み取ることが苦手なアスペルガー症候群の場合、普通の人であれば難なく続けられるような会話であっても、途中で意味がわからなくなってしまい頭がフリーズしてしまうのです。
ふと気がついた時には次の話題に移っていることが多く、さらに会話についていけなくなってしまい、おかしな話し方や受け答えをしてしまうのです。
相手は自分の話を聞かない無礼な人だと思い、不快感を示すでしょう。
一見普通に見えますし、仕事をしている人も多いので、精神疾患の特徴的な反応だとは夢にも思わないのです。
ただ、自分の興味がある話の内容だけには異常に食い付いてきて、相手のことを考えずに延々と話続ける場面もあります。

スポンサーリンク