MENU

IQが低いにも関わらず音楽知性が高いウィリアムズ症候群の特徴

スポンサーリンク

ウィリアムズ症候群とは遺伝子疾患で神経発達障害に区分できます。
IQが低く、精神遅低、心臓疾患などの症状が見られます。
ウィリアムズ症候群の原因は7番染色体上の遺伝子欠乏です。
治療法は現在のところ存在しません。
欧米では7500人に1人の割合で発症します。
日本ではあまり聞かない発達障害ですが、日本にもウィリアムズ症候群の人は存在しています。
顔の特徴として、大きい口、小さいあご、上向きの鼻、丸くて好奇心旺盛な目などがあります。
とても社交的で知らない人にも積極的に話しかけます。
人に感情移入しやすく、思いやりにあふれているところがあります。
警戒心のなさがありますが、それは時として恐怖と隣り合わせにもなります。
人種への偏見が薄いという特徴や、音楽が大好きという特徴もあります。
ウィリアムズ症候群の人のiqは60程度と健常者に比べ低いです。
空間認知能力が低く、絵をかくことが苦手な人も多いです。
しかし、一方で、言語iqが非常に高く、豊富な語彙と独特な表現を使うのも特徴的です。

スポンサーリンク

ウィリアムズ症候群の人はiqが低いにも関わらず、音楽的iqはずば抜けて高いです。
ある人は絶対音感を持ちます。
特にリズム感に対しては超人的な能力を持っています。
ウィリアムズ症候群の人は音楽iqが高く音楽の処理能力が健常者とは異なっています。
非常に高い言語能力の特徴は、文筆家として向いているかもしれませんし、リズム感という特徴は音楽家にむいているかもしれません。
感情が豊かで同情心に富み思いやりに富むという特徴はカウンセラーとして発揮できるかもしれません。
iqが低いというとマイナスのイメージでとらえてしまい、それによって、差別にあったりして、その人の持つ長所が伸ばされなくなると考えられます。
健常者でも何か才能があると思いながら、結局何も成し遂げられないまま過ごしているという人は多くいます。
そういう意味で考えると、遺伝子の欠如によって高い音楽能力を持っているということは、とても幸せなことかもしれません。
ウィリアムズ症候群の人はiqが低いということをマイナスに考えずに、持っている能力を生かせる道を考えるべきと言えます。

スポンサーリンク