MENU

幼児がアスペルガー症候群に発症する原因について解説します

スポンサーリンク

医学の発展と共に精神疾患に関する研究が進められた結果、従来は性格として扱われていた状態を医学的な異常として確認できるようになっています。
発達障害として総称されている精神疾患は行動や言動に関して障害が生じていて、標準発達と比較して過度に異なった傾向を示すことが特徴です。
広汎性発達障害に分類されているアスペルガー症候群は、対人関係におけるコミュニケーション能力に異常があることが特徴です。
しかし、知能水準や言語能力に関しては通常と遜色がないことが多いので、幼児等の年齢が低い場合には発見が遅れる事例の多い疾患です。
症状次第では通常よりも知能水準が高い場合があることもアスペルガー症候群の特徴で、幼児期の早期発見には注意深い観察が欠かせません。

スポンサーリンク

他の多くの精神疾患と同様に、アスペルガー症候群の原因にも遺伝的要因があることが指摘されています。
しかし、必ずしも原因が特定されている訳ではないので、今後の研究の進展が待たれていることが現状です。
遺伝だけではなく、胎内環境や免疫系等の様々な要因が関係した複合的原因があると考えられていますが、発症頻度は1%以下で男女比で考えると男性の方が発症割合が高い傾向にあります。
ただし、幼児期における躾等の後天的な要因で発症するのではなく、先天的な因子を保持していることは確実と考えられています。
そのため、症状を改善させるために躾等を強化して生活様式を改善しようとすることが多いのですが、十分な効果がないことで疾患が発覚することが多いことで知られています。

スポンサーリンク