MENU

ウィリアムズ症候群にみられる知能や歯など病気の特徴とは?

スポンサーリンク

ウィリアムズ症候群は遺伝子疾患の一種です。
 病気の特徴としては、まず最初に精神遅滞がみられます。
精神遅滞については主に知能の低下のほか、大きな音に恐怖を抱いたり摂食障害を引き起こすこともあります。
 顔つきについては、ウィリアムズ症候群では特徴的な妖精のような顔つきをします。
 歯の異常を引き起こすこともウィリアムズ症候群の特徴の一つです。
歯の形態異常のほか歯が矮小化したり永久歯が欠損してしまったりなどさまざまな歯の異常が見られることがこの病気の特徴の一つといえるでしょう。
 ウィリアムズ症候群にかかった場合、他に特徴的な事としては消化器の異常や動脈の狭窄など様々な病気を引き起こす可能性が高いです。
関節の異常・斜視・感音性難聴・腎臓の奇形なども起こすことがあります。
 遺伝子異常によってかかる病気のため、ウィリアムズ症候群にかかった場合には根本的に治すことについてはできません。
状態異常については、起きた程度に応じて治していくようにします。

スポンサーリンク

 ウィリアムズ症候群にかかった場合のケアについては、まずは食事面においてのケアが必要です。
嘔吐や偏食も特徴のひとつであり、食事をいかに摂取するかが治療の鍵となります。
ただ、こうした摂食障害は、成長するとともにたいていの場合は改善するようになります。
  歯については、硬いものを食べることが困難なケースもあります。
ですので、成長してからはそのときの歯の特徴に応じて治療を行っていきます。
 ウィリアムズ症候群で最も気を付けなければいけないのは、心疾患にかかる場合が考えられることです。
突然死を引き起こす可能性もありますので、冠動脈病変や心臓の状態を知ることは突然死を防ぐための鍵になるといえるでしょう。
 心臓にカテーテルを入れる手術を必要とすることがありますが、手術については特に慎重に行っていきます。
 知能の低下に対するケアでは、幼児期からは作業療法を行うようにすると有効とされています。
音楽活動などの分野で本人の才能を伸ばす活動を行うことは効果的です。

スポンサーリンク