MENU

自傷する行為とウィリアムズ症候群の症状

スポンサーリンク

ウィリアムズ症候群という病名をご存知の方は少ないのではないでしょうか。
日本人には珍しい病気です。
ウィリアムズ症候群の遺伝子が原因となって病気を発症し、見た目から判断ができる病気でもあります。
ウィリアムズ症候群の顔には特徴があり知っている人にはすぐに判断することができるでしょう。
小さな顔に大きな口、上向きの鼻、隙間の広い歯並びなどが特徴です。
ウィリアムズ症候群の症状としては、初めて会った人にもすぐに仲良くなろうとすることです。
また、音楽への興味もあります。
音に敏感です。
学習障害、特定恐怖症などの特徴もあります。
ウィリアムズ症候群の体の症状は、腎臓が悪いことです。
高血圧や関節の緩み、小指が曲がっていることも特徴です。
病院での治療は症状を緩和することです。
ウィリアムズ症候群の理解は、家族や周囲の方の理解が必要ですが、介護施設への入居や自宅での介護が必要になることもあります。
注意深く観察をして症状が悪化しないようにすることが良いでしょう。

スポンサーリンク

自傷する人は年々増加の傾向にあります。
どうして痛みを伴うのに自傷するのでしょうか。
自傷する方は、痛みを感じていません。
自傷の行為としては、カッターなどで自分の体を傷つけてしまう、爪をカリカリと血が出ていても噛むなどがあります。
自傷した症状を見ると家族も周囲の方も驚くことでしょう。
しかし、本人は自傷することを悪いこととして理解していません。
自傷が心を落ち着かせているのです。
麻薬などと同じ症状で脳内麻薬と言われています。
それゆえに体を痛めつけても痛く感じることはありません。
血が流れるほど体を痛めつけても頭を強く打ち続けても本人は痛みを感じません。
様々な症状は、脳内麻酔で起こっています。
ストレス解消をしたり、心の中を誰かに聞いてもらったり、病院で治療をすることをお勧めします。
ウィリアムズ症候群も自傷する方も症状を緩和することができます。
それには、家族や周囲の方の理解が必要です。
専門の医療機関で治療を行いましょう。

スポンサーリンク