MENU

ウィリアムズ症候群が知的障害を伴う原因とその関係性

スポンサーリンク

ウィリアムズ症候群は身体や発達の遅れが目立つ障害であり、人種間を問わず世界的に見られています。
ウィリアムズ症候群の割合は約1万人の1人と言われており、染色体の異常によって障害が生まれてしまいます。
見た目であらわれる症状は、大きな目や上向きの鼻、そして低身長なところです。
そして心臓疾患を抱えている特徴もあり、体が病弱であることが挙げられます。
その他の発達に関しては、知的障害を伴います。
知的障害といっても、軽度から重度までさまざまです。
知能指数の平均は50から55ぐらいで、この数値は知的障害と認定されるレベルです。
ウィリアムズ症候群と知的障害の関係性では、やはり発達の遅れが強く影響しています。
ウィリアムズ症候群は7番染色体の異変によって、遺伝情報が伝えられない欠点が出ています。
これが知的障害との関係が認められる証拠でもあり、ウィリアムズ症候群の典型的な症状の原因でもあります。
ウィリアムズ症候群は生まれた直後ではなくしばらくしてから判明してくることが多いので、知的障害も分かりやすい判断基準となります。

スポンサーリンク

ウィリアムズ症候群の知的障害は、それに当てはまる人が全ての分野で支障が起こるとの関係性は認められていません。
知的障害を持つことは確かですが、障害を持たない人と同じ感覚を持つ場合も多いのです。
ただし、バランスが悪いために全体的な知能指数が低くなる傾向があり、染色体の欠損によって障害が関係してきます。
協調性や記憶能力が高い一方で、空間能力が乏しい場合でも遺伝子における関係が指摘されているようです。
こうした特徴から、ウィリアムズ症候群の人は早い時期から専門的な教育を受けさせる必要があります。
身体的特徴は自由がきかなくても、専門的な教育の影響である程度の知能が備わってくる場合も考えられます。
また、この障害を持つ人は、幼いころから音楽性が優れていることがほとんどの人に関係しています。
音に敏感な特徴がある分、気に入ったメロディはとことん楽しむようになり、純粋に音楽を愛する姿勢が見られます。
将来は音楽への道を目指すのもいいですし、そのためにも専門的な教育が欠かせなくなります。
障害と遺伝子の関係をよく理解し、ウィリアムズ症候群の人にとって何が一番最適な教育になるのかを考えていかなければなりません。

スポンサーリンク