MENU

アスペルガー症候群には目つきの特徴があるのって帆運藤?

スポンサーリンク

現代社会において、発達障害を持つ人は多くなっていると言われています。
アスペルガー症候群も発達障害の一つであり、この症候群を抱えている人にはいくつかの特徴があります。
知的障害ほどの知力の低下は認められませんが、コミュニケーションの面で困難を有する場合があります。
また、特定の事柄に対して強い興味や関心を持つ傾向があるため、興味を持った分野に対して並々ならぬ研究を行うこともあります。
そのため、中には学者や研究者として大成する人も多く存在しています。
しかし、先にも述べたようにコミュニケーションの面で困難を有する場合があるため、職場や家庭などでの対人関係において上手くいかない状況に陥る可能性が高くなっています。

スポンサーリンク

人間はコミュニケーションの手段を複数持っていますが、アイコンタクトもそのうちの一つです。
言葉を発せずにアイコンタクトで何気なく自分の意思を伝えることはよくありますが、アスペルガーを持つ人はそのアイコンタクトによる意思疎通が苦手なのです。
アスペルガーを持つ人は目つきが特徴的だと言われることがあります。
例えば、他人の顔をじっと見つめたり、視線が泳いでいたりといった風にです。
他人の顔をじっと見つめるのは、見つめられる側からしたらあまりいい気持がしないものですが、アスペルガーを持つ人はその「いい気持がしない」ということを理解するのが難しいのです。
本人に悪気があるわけではないのですが、不快感を抱いた相手はその人から距離を置こうとするかもしれません。
逆に、視線が泳いでいて目を合わそうとしてくれない場合もあるようです。
その場合にもやはり相手は戸惑ってしまうでしょう。
アイコンタクトは良好な対人関係を築くために必要なコミュニケーションのツールです。
しかしアスペルガーを持つ人はそのツールを上手く使いこなすことができないために、「目つきがおかしい」とか「あの人はどこか変わっている」などと思われがちです。
周囲から孤立してしまわないためにも、家族や友人が周囲との架け橋になってサポートすることが大切でしょう。

スポンサーリンク