MENU

大人のアスペルガー症候群における特徴と適した仕事

スポンサーリンク

アスペルガー症候群は知的障害を伴わない発達障害です。
その特徴はコミュニケーションが苦手、社会一般では常識とされている物事に疎い、予期せぬことに直面するとパニックになるなど、一見すると『変わり者』と見られてしまうような症状です。
子供の頃は家庭や学校がサポートしてくれるおかげで、日常生活に支障なく過ごせたとしても、大人になり社会の中で一人生活をしなければならなくなると、誰のサポートも受けられず、『変わり者』『常識のない人』などという見方をされることが増えてしまいます。
特にアスペルガーの人が悩むのは仕事場での人間関係です。
その特徴から会話が苦手で空気の読めない人も多いため、仕事が続けられず職場を転々とする人もいます。

スポンサーリンク

人間関係だけでなく、仕事内容にも悩みを抱える人も多いでしょう。
電話応対のように会話をしながら要点メモを作成するというように、2つのことを一度に行う業務は苦手ですし、臨機応変な対応が求められる業務も苦手ですから、自分に合った仕事を選ぶことがポイントとなります。
アスペルガー症候群の特徴の中に、興味を持つと集中して作業する行動が見られます。
また同じ作業を繰り返し行うことも得意と言われています。
出来ない業務で失敗を繰り返し悩むより適職が見つかれば、一人の大人として社会で自立できます。
また、人間関係においても自分がアスペルガーであることを理解し、採用、指導してくれるということが必要になりますから、初めにきちんとお話しすることも大切です。

スポンサーリンク