MENU

アスペルガーの人が反省しないように見える理由

スポンサーリンク

変わった子や個性的な子、学校のクラスメイトに1人ぐらいはいたかもしれません。
しかし大人になって社会に出ると、仕事や日常生活に支障をきたす人もいます。
コミュニケーションが取れない、場の空気を読めない、そのような特徴が顕著な場合はアスペルガー症候群である可能性があります。
アスペルガー症候群は自閉症の1種であり、知能低下は認められないもののコミュニケーションや趣味に偏りが見られることが特徴です。
先天性の特性と言われていますが、その原因ははっきりと分かっていません。
知能は正常なので子どもの頃は気付かれにくいですが、大人になると対人関係の不器用さが際立つことで発覚することもあります。
曖昧な言葉を理解できなかったりスケジュール管理が苦手なため、仕事でミスすることもあります。
注意しても反省しないように見えることが多く、周囲も戸惑うことが多いようです。

スポンサーリンク

アスペルガー症候群は特徴的な3つの症状があります。
社会性の障害、コミュニケーションの障害、想像力の障害です。
社会性は学校や家庭で自然と身に付くものですが、アスペルガー症候群ではそれが難しくなります。
そのため、その場の空気が読めない状態になってしまいます。
コミュニケーションにおいては話すことは得意ですが、言葉の意味を理解することが困難です。
これ、あれと曖昧に言われると理解できず、言葉の裏の意味も理解できないため、的外れな回答をしたりします。
想像力の障害は、相手の立場に立って想像するということが苦手です。
そのため、人を気づ付けてしまっても反省しないと受け取られがちです。
また、一度決めたことは簡単に曲げないため、頑固な人と見えてしまいます。
しかし記憶力が高く知識が豊富な事や、自分の趣味には並外れた集中力を示すなど優位な特性も見られます。
このような特性を理解して生かすことが出来れば理想的と言えます。

スポンサーリンク