MENU

大人になってから発達障害アスペルガーと気づく症状とは

スポンサーリンク

日本では仕事を決める時に受けたい職場に学歴を書いた履歴書と面談で採用してもらえるかどうかが決まります。
場所によっては試験がある所もあります。
採用試験、面接では見抜くことができない発達障害の一つにアスペルガーという病気があります。
アスペルガーは近年徐々に色々な事が分かってきた障害で現在社会で働いている大人はアスペルガーの診断を受けたことがないまま社会で普通に過ごしている人がたくさんいます。
しかし症状は知的、学力共に普通の人と同じであるが周りの人とのコミュニケーションがうまく出来ない為に本人はとても苦しい思いをしながら生活している人が多いのです。
100人に一人と言われる先天性障害で身近な所にもいるかもしれません。

スポンサーリンク

アスペルガーの症状は人との関わりは苦手ですが自分に興味がある事に対しては普通の人よりも成績が長けていて暗記力はかなり優れています。
記憶力は抜群なので優秀な大学を卒業している人もたくさんいるのです。
大人になるまで発達障害に気づかず職場で周りの人と合わない為に苦しんでいる人はたくさんいて自分の興味がある事には抜群の成績を残す事ができる為人とのコミュニケーションが少ない職業などであれば特別困難なく過ごす事も可能なのです。
コミュニケーションを必要とする営業や接客は不向きですので例えば科学者や建築士、講師、調理師などが向いている職業とされています。
障害があるからといって落ち込むことはなく有名な著名人もアスペルガーだったのではないかと予想される人はたくさんいますので偉大な功績を残すことができる可能性が大いにあるのです。

スポンサーリンク