MENU

アスペルガーの服装へのこだわりについて

スポンサーリンク

アスペルガー症候群は、知的障害を伴わない自閉症スペクトラムの一種です。
強いこだわりがあったり、コミュニケーションが苦手だったり、空気が読めないことから、周りからは
少し変わった人だと見られていることが多いです。
アスペルガーの特徴として、服装への強いこだわりがあります。
肌触りや、服の形、大きさ、素材などに対して、強いこだわりがあります。
そのために、制服などが着れないなど、集団生活に馴染めないこともでてきます。
服装により、生活に支障がでることがあるので、周りの人がその特性を理解する必要があります。
感覚が敏感な子の場合は、服の肌触りや素材選びが重要になりますので、
工夫しながら生活することにより、少しでも生活しやすく改善していくことが必要です。

スポンサーリンク

アスペルガーの服装のこだわりには、他にも理由があります。
感覚が敏感な子もいれば、自分なりのこだわりがそうさせている場合もあります。
同じ服ばかり着る場合は、その服がお守りがわりになっていることもあるのです。
その服を着る事により、安心できるのです。
その他、どの服を着ていいのかわからない、組み合わせがわからないことも原因です。
でも、工夫することにより対処することができます。
同じ服ばかり着る時には、その服と同じような服をそろえておきましょう。
どの服を着たらいいのか、組み合わせがわからない場合は、この服には、この服をと目に見える場所に
絵を書いて貼ったり、洋服の組み合わせの写真を貼ったりして、わかりやすく工夫しましょう。

スポンサーリンク