MENU

アスペルガー症候群は遺伝する確率がある

スポンサーリンク

アスペルガー症候群は自閉症の一種である発達障害で、自分で自覚することはもちろん周りの人も気付かない場合が多くあります。
特徴としてコミュニケーションや人付き合いが苦手な傾向がありますが、知能や運動能力は他の人と変わらない又は驚異的な力を発揮する場合があります。
しかし理解や認識不足により二次障害を引き起こす場合があるので注意してください。
アスペルガー症候群は障害の一種であることから障害者の認識を持つ人がいるかもしれませんが、必ずマイナイの傾向だけでなくプラスの傾向を示す子供もいます。
例えば見た瞬間に数字の羅列を覚えたり年号や元素配列を暗記してしまうといったように、興味を持った事柄に対して驚異的な記憶力や手中力を発揮する頭のいい子や勉強熱心な子もいます。

スポンサーリンク

アスペルガー症候群になる原因については色々な意見があり、中には遺伝が関係していると考える人もいます。
実際に脳の障害としての見方が強いこともあり、遺伝的な要素が強いと考える人もいますが、確率は100%ではありません。
確かに遺伝する確率が高いと考える人が多くいますが、現在はアスペルガー症候群になる原因である遺伝子の特定には至っていないのです。
他にも家庭環境や妊娠時、出産時の状態が影響を与えたために障害は発症したと考える人もいます。
しかしこちらも現在確定できるものはないのです。
結論を述べるとアスペルガー症候群は遺伝する確率があるものの、確定的とは言えず医学的な根拠があるとは言えないのが現状です。
ですが多かれ少なかれ確率的に無いと言い切れないため、引き継がれる可能性があることを理解してください。

スポンサーリンク