MENU

アスペルガー症候群の人が仕事が続かないのはなぜか

スポンサーリンク

アスペルガー症候群とは、広汎性発達障害とも言われる自閉症の一つに分類されます。
この障害を持っている方は、周りのとうまくコミュニケーションを取れなかったり、何か一つの事に拘ってしまうといった症状があるため仕事が続かない事が少なく無いようです。
特に問題になるのは、対人関係のトラブルですこの障害を持っている方はいわゆる「空気が読めない人」というレッテルを貼られて、周囲から孤立してしまいます。
まだまだ今の社会でアスペルガー症候群に対する理解は低いと言わざるを得ません。
しかし、アスペルガー症候群だからといって能力が有るにも関わらず仕事を辞めなければならないというのはあまりにも理不尽ですし、続かないというのも問題です。

スポンサーリンク

しかしながら、アスペルガー症候群の方でも社会で活躍し、長い間勤務され続けている方も大勢いらっしゃいます。
大事なのは、障害により出来ない事、出来る事を見極めてその人に合った適切な仕事を選ぶ事です。
無理して自分に合っていない仕事を選んでも続けられないのは誰しも一緒ですが、この障害を持っている方は特に配慮が必要です。
また、周囲の理解も重要です。
単に変わった人、話が聞けない人と片付けるのでなく、障害を理解し能力を伸ばしてあげるといった職場環境が理想的なのです。
アスペルガー症候群の方の中には、遥かに優れた能力や記憶力を持つ人もおられますし、誰しもが必ず適正な仕事があるはずです。
重要なのはいかにそれを見つけられるかということです。

スポンサーリンク