MENU

感情がないことは、アスペルガー症候群の特徴の1つです

スポンサーリンク

アスペルガー症候群とは広汎性発達障害の1つで、子どもだけでなく大人にも見られます。
男性の方が多く、対人関係が上手く構築できない・感情がない・相手の気持ちを察することが苦手なのが特徴です。
他の特徴として、興味の範囲が限定的であることや、こだわりの強さも見られます。
感情に関しては爆発型と感情がない型の2つに分けられます。
前者は親や子といった身近な人に対し癇癪などを起こしやすく、暴力に依存する場合もあります。
アスペルガー症候群が発症する原因は現在分からない部分が多いものの、遺伝的要因や生育過程の環境などが指摘されています。
治療方法としては、薬物療法と認知行動療法の2種類が存在します。
薬物療法は、脳内の神経伝達物質を増やす目的で抗精神薬が使用されます。

スポンサーリンク

また、不安やパニックに陥ったとき、症状を抑える目的で抗不安薬が使用される場合もあります。
考え方の歪みや問題ある行動を修正していくため認知行動療法が行われ、時間はかかるものの症状改善に効果をあげています。
アスペルガー症候群の人は、専門性を有し物を追求していく職業に就くと自身の能力を十分発揮することが可能です。
会社などの組織で働く場合には、仕事の流れややるべき事をマニュアル化したり、穏やかにはっきりと分かり易く伝えることが大事です。
臨機応変に対応することが常に求められる作業ではなく、細かい作業や集中力を要する決まった作業を与えるようにします。
上司は休憩を意識的に取らせてあげる配慮をしてあげることも大事です。

スポンサーリンク