MENU

アスペルガー症候群の人の特徴的な歩き方とは

スポンサーリンク

アスペルガー症候群と聞くと、何か特殊で妙な病気のように感じる人は多いかもしれません。
しかし、これは実は病気などではなく、100人に1人の割合で見られる発達障害の一種なのです。
ですから、言語や知能に障害はありません。
普通に学校に通ったり、会社に勤めたりも出来るのですが、やはり障害であることは確かなので、何らかの問題が起きる場合もあります。
例えば、アスペルガー症候群の人の特徴的な行動や性格に関して、世間的によく知られているものとしては、某映画でも見られたように、様々な細かいデータを正確に記憶していることや、外部のことに無関心で自分の世界に入ってしまい、こだわりが強いため、それを阻害されると怒りの感情を表すことなどが知られています。

スポンサーリンク

また、アスペルガー症候群の人は指示されたことは正確にこなすのですが、急な事態や変更に対応出来ないという特徴があります。
このような状況下に陥ると、不安感に襲われてしまうのです。
さらに、話し方にも特徴が見られます。
自分の感情など自己表現が上手に出来ないため、コミュニケーション能力に欠けるとされる部分もあります。
そんなアスペルガー症候群の人には、もう一つ特徴的なことがあるのです。
それは歩き方です。
通常の人のよりも歩き方が硬く、それはまるでロボットのようだと形容されることがよくあります。
これは歩き方だけでなく、全身の動きがぎこちないため、それを補完するための方法なのです。
さらに、稀に見られる様子としては、突如何の理由もなく身体が勝手にジャンプしてしまったりすることもあります。

スポンサーリンク