MENU

アスペルガー症候群の人は話し方に特徴がある

スポンサーリンク

アスペルガー症候群とは自閉症の一種である発達障害のことです。
特徴として知能の低下は認められないものの、コミュニケーションや興味に大きな偏りが見られることで生活に様々な支障をきたす場合があります。
この障害は本人や親、周りの人も気付かないことがあるために、あらぬ誤解を受ける例が多くあります。
アスペルガー症候群には大きく3つの特徴に分けられます。

1つ目は対人関係の障害、いわゆるコミュニケーションが苦手な傾向があります。
2つ目は想像力の障害、主に相手の気持ちになって考えることが苦手です。
3つ目は限定された興味やこだわり、これは熱中したものに対する驚異的な記憶力や集中力を発揮する点です。

障害の言葉から誤解してしまう人もいますが、アスペルガー症候群の人は知識や運動能力は普通の人と何も変わりがありません。
コミュニケーションが苦手、話し方が特殊といった点を除けば普通の人と変わりないのです。

スポンサーリンク

ここではアスペルガー症候群の人の話し方の特徴について説明します。
まず1つのことに集中してしまう特徴から自分が話すことに熱中しすぎる、相手の話を聞けなくなることがあります。
他に視野が狭く一点集中することから会話全体で捉えて話すことができず、話の中の1点だけ集中する、会話の空気が読めないなどがあります。
しかし本人に悪気があるわけではないのです。
この事態は実は危険性を秘めています。
例えば学校でクラスメートが共通の興味を持つことで話が盛り上がっていても、自分に興味がなければ合わせて会話することができないために孤立やイジメといった事態を招く恐れがあります。
自身が障害を持つことや話し方が特殊であることを周囲の人に理解してもらうだけで、周囲の人の接し方の改善や配慮がある可能性もありますが、大切なのは自分が周囲の人とスムーズにコミュニケーションをとれる話し方を考えることです。

スポンサーリンク