MENU

アスペルガーの夫に疲れた妻が発症する病

スポンサーリンク

アスペルガー症候群は見た目には大変気づかれにくい病の為に結婚後に夫がアスペルガー症候群だったと言う事も珍しくありません。
この病は脳機能の異常が原因で発症する事が分かっておりますが、人と上手くコミニケーションが取れなかったり、人の感情を理解する事が出来ない為に日常生活に支障を与えます。
交際中は少し変わった人だと言う印象を感じていたが、結婚後一緒に生活を共にする事でその印象が違和感へと変化し妻は精神的に参ってしまうとケースがあるのです。
アスペルガー症候群の夫は妻や子供とのコミニケーションが上手くとる事が出来ません。
妻や子供に対して全く関心を示さず自分のやりたい事ばかりを優先したり、妻がして欲しい事に対して自ら察して行動に移す事は無いと言った特徴が見られます。

スポンサーリンク

アスペルガー症候群は、人の感情を上手く読み取り感情を共感する事が苦手である為に妻は夫に愛されていいないのだと感じ孤独感に襲われるのです。
すると夫との日常に心身ともに疲れ果ててしまい鬱病を発症するケースも多くその状態をカサンドラ症候群と呼びます。
夫の違和感のある行動や言動に対して心身ともに疲れたと感じた場合には、パートナーがアスペルガー症候群の可能性も否定できません。
話し合いが出来ない、行動に違和感がある、コミニケーションが上手くいかないと言ったパートナーの症状から心身ともに疲れたと言う場合には、一度専門家に相談する必要が出てきます。
パートナーに病院をすすめるのは非常に言い出しにくい事でもありますが、この困難を乗り越える為には上手く医師を頼らなければなりません。

スポンサーリンク