MENU

アスペルガーだと表情が乏しいとされています。

スポンサーリンク

大人でも子どもでもアスペルガー症候群ですと表情の乏しい方が多いようです。
今までいじめられたり人間関係が上手くいかなかったりで自信が無くなり、そうなってしまったのでしょう。
とても辛いだろうと思います。
しかしアスペルガー症候群とはただの個性に過ぎず病気でもなんでもありません。
対人関係が苦手なだけでありむしろほかの面ではアスペルガーでない人よりも優れている場合があります。
歴史上の人物でも実はアスペルガー症候群だったのではないかと言われている人はたくさんいます。
ですのでむしろ自信を持ったってよいのです。
人と違うということにコンプレックスを持たず毎日明るく過ごすことが大切です。
表情が乏しいことはアスペルガーならではの生まれつきでもあるかもしれませんが、明るく見せる努力をしていくことできっと変わってくるはずです。
人に挨拶する時も話をする時も笑顔を心掛けましょう。
諦めずに頑張り続けることが大切なのです。

スポンサーリンク

また、表情が乏しいと言われても人と関わらない仕事であれば気にしなくてよいのです。
内職であればシールを貼るものやパーツを作るものなど仕事はたくさんあります。
同じことを黙々とやり続けるのが得意、また好きなアスペルガー症候群の方にはもってこいの仕事です。
逆に人と関わるサービス業は苦手かもしれません。
しかし本人がやってみたいと思うのならば是非チャレンジすることをお勧めします。
それでやってみて駄目でも、落ち込む必要も自信を無くす必要もありません。
自分にはなんの価値もないなんて思わなくてよいのです。
一つの道が駄目だったのであれば、新しい道を探せばよいだけのことだからです。
自分に向いている仕事は何なのかを探しながら、いつでも前向きに生きていきましょう。
そうすれば表情が乏しいだなんて言われることも無くなるはずです。
人間は日々自分の考えていることが仕草や表情に出てしまうからです。
今表情が乏しいのであれば今まで暗い気持ちで過ごすことが多かったのかもしれません。
毎日を楽しく過ごし笑顔を増やしていきましょう。

スポンサーリンク