MENU

仕事が遅いと言われるアスペルガーの人の改善策は

スポンサーリンク

アスペルガーの人は周囲の人から仕事が遅いというように文句を言われてしまうことが多々あります。
この仕事が遅い点に関しては、しっかりとした原因があり、それを改善していくことで、仕事のスピードを上げることができます。
このようにアスペルガーの人が仕事が遅い原因には、物事を順序立てて効率良く作業することが苦手、という点にあります。
2つのことを同時に頼まれたり、作業をしている最中に上司から追加で仕事を頼まれたりするとなおさらです。
そのように物事に臨機応変に対応することが苦手であるために仕事が遅くなってしまいます。
このような点を改善するには、一日の仕事をタイムテーブルにしてまとめておくことをおすすめします。
この時間までにこれを終わらせる、2つのことを同時にはせずに1つずつ取り組むというようにすることで、今自分はどの仕事をすれば良いのか、ということを視覚的に把握できるものを作っておきましょう。
また、上司に追加で何かを頼まれた場合、どちらの仕事を優先すべきか上司に確認するというのも一つの手段です。

スポンサーリンク

このようなアスペルガーの人の仕事が遅いという状況に対する改善策はアスペルガー患者本人が意識するだけでなく、周囲の人が気に掛けることによってより本人が効率よく仕事をすることができるようになります。
アスペルガーの人は1つのことにものすごく集中して取り組むという性質を持っています。
そのため、そのような場合の仕事での集中力は人一倍であり、様々な作業を一気に依頼するのではなく、同じようなことを繰り返すという作業を何個か頼むようにするとそれに対してものすごく集中して取り組むことができます。
特に単純作業を黙々とすることが得意、というような人がアスペルガーの人にはとても多く、そのような仕事を優先して頼んでみるようにすると良いでしょう。
また、先述のように優先事項がわかっていればそれを優先することができるので、先に上司側から仕事を頼むときにどちらの仕事を優先すれば良いのか本人に伝えておくようにするのも良いでしょう。

スポンサーリンク