MENU

アスペルガー症候群の人が嘘つきと思われている原因について

スポンサーリンク

アスペルガーの人は思ったことをそのまま言ってしまうため、嘘をつくことができないと思われています。
空気を読んだり場の雰囲気を感じ取ったりすることが苦手ですので嘘をつきたくてつこうとはしません。
しかしながら嘘つきと思われることがあります。
その原因としてはいくつかあるのですが、一つは自己防御本能が強いということです。
アスペルガー症候群の人は、自分が怒られたり責任を負わされたりすることを極端に嫌います。
自己防衛本能が強いからです。
そのため、自分が怒られたり責任を取らされるような状況になったならば嘘をついてしまいます。
反省することができないため、明らかにバレる嘘であっても主張し続けることが余計嘘つきと思われる原因です。

スポンサーリンク

アスペルガーが嘘つきと呼ばれる原因はほかにもあります。
たとえば、約束などをしていても時系列で考えることが苦手であったりその日の気分が優先するためすっぽかしてしまうことがあります。
そうすると自己防衛のために嘘の話をしてしまい、いいかげんにごまかそうとするので嘘つきと思われてしまいます。
ほかにも、自分の見たことや記憶したことを第一に行動し、相手の状況や思っていることを想像するということができません。
そのため、自分が記憶していないことや忘れてしまったことを、嘘のストーリーを作って補うことがあります。
ですので、嘘つきと思われてしまうこともあります。
アスペルガーの人と接する場合はあまり責めずに相手の性格を理解することがより必要になります。

スポンサーリンク