MENU

アスペルガー同士の結婚とそのコツ

スポンサーリンク

アスペルガー症候群は近年その名前を知られるようになった、発達障害の一つです。
アスペルガー症候群は発達障害なのですが、明らかな知能低下がないため、周囲からもそれと気付かれにくいのが特徴です。
 そして、彼らは一般的にコミュニケーション能力の不足、空気が読めない、悪意はないのに他人を怒らせるという問題を抱えているため、他者からつまはじきにされることが多く、本人も周りも苦しむという事例が少なくありません。
 これは以前だと、性格に難があるの一言で片付けられており、それ以上の追求はありませんでした。
 そして、この発達障害になっている人が結婚するとなれば、片方が我慢を続けるか、やがて堪忍袋の緒を切らして大げんかになるかのどちらかでした。
幸福な結婚生活を続けるのは、難しかったのです。
 しかし、近年では周囲の理解が進んだ結果、アスペルガー同士の結婚も行われるようになりました。
何事にも理解が必要だという一例となっています。

スポンサーリンク

 では、アスペルガー同士の結婚にはどんなコツがあるのかと言えば、最初にそれを示して理解を求めることです。
 一緒に暮らし続ける間柄ともなれば、隠し事をしようとしても難しくなります。
ましてや孤立しがちなこの発達障害を抱えた人ともなれば、なおさらです。
 コツとしては、相手がどのタイプなのかを見極めることも含まれます。
これは似たもの同士ならうまくいくことが多いからです。
 この発達障害は、積極奇異型・受動型・孤立型の三つに分かれています。
最初に自分と相手がどれに属しているのかを把握しておきましょう。
 夫婦生活を長く続けるコツとしては、他に双方の譲れないラインを始めから決めておき、互いにそこからはみ出さないようにすることがあげられます。
 これは生活習慣の違う二人が一緒になった際、激突を避けるためです。
アスペルガー同士だと些細なケンカが離婚騒動にまで発展するのは難しくないため、その辺に関する注意は、一般的な夫婦より厳しくやる必要があります。

スポンサーリンク