MENU

アスペルガーの人が英語が得意な理由は?

スポンサーリンク

アスペルガー症候群は発達障害であって、知的障害ではありません。
そのため、勉強は場合によっては普通の人よりも出来る場合も少なくはありません。
その中でもアスペルガーの人は、英語が得意であると言われることがあります。
その理由はなぜなのでしょうか。
これに関しては、規則性に当てはめる作業や黙々と単語や文法を覚える作業が得意だからという理由です。
アスペルガーの人は人よりもこだわりが強く、規則性という言葉が大好きです。
そのため、英語だけでなく、数学や理科などといった理系科目も得意な人が多いです。
それに加えて、複雑な作業よりも単純な作業を好みます。
また、一つの作業に没頭することが大好きであるので、英単語や英文法に限らず、暗記が得意なのです。
そうではありますが、集中力を長時間持続させることが苦手であるので、長続きしないというデメリットもあり、毎日5分だけ、というように、勉強するのであれば短時間で毎日取り組む時間を確保するようにしましょう。

スポンサーリンク

それに対してアスペルガーの人は国語などといった文系科目が苦手であることが多いです。
この理由に関しては、人に対してしっかり情報を整理して伝えることや、人の気持ちを理解することが苦手であるためです。
そうではありますが、日本で生きていくとなると、大半の学校の受験で国語を使用することは避けることができません。
そのため、得意科目を伸ばす、苦手科目の点を少しでも上げる、得意科目の点数で苦手科目の点数をカバーする、ということが大切になります。
その中でもアスペルガーの人が好きになりやすい教科が理系科目であり、英語、文系科目、という順になりやすいです。
そうではありますが、英語は文系、理系どちらであっても使用する科目であるので、勉強を最優先するようにしましょう。
国語の勉強に関しては、まず古典科目は英語のような要素を持っているので、こちらの勉強を最優先し、現代文に時間をかけることができるようにしましょう。
現代文は数をこなして、無駄のない文章を書くことができるようになることが大切です。
選択肢問題に関しては、書いてある文章と少しでも違う箇所があればそれは違うと判断できるようになる練習をしましょう。

スポンサーリンク