MENU

アスペルガーの人がパニックを起こして泣くときの対応方法は

スポンサーリンク

アスペルガーの人は大人や子供に関係無く、パニックを起こしてしまうと泣くことがあります。
突然泣かれてしまうと周囲の人も対応に困ってしまいますが、このような場合の対応方法にはどのようなコツがあるのでしょうか。
まず、アスペルガーの人は普通の人と比べてプライドがとても高いです。
そのため、自分が出来ないことがあるととてつもなく悔しくなり、気分が落ち込みます。
そのような理由でパニックを引き起こしてアスペルガーの人は泣くのです。
そのような性格であるため、本人のプライドを折らないように対応していくことがとても大切です。
泣く場合に関しては、自分のミスが失敗であることが多いので、ミスを責めすぎないようにすることが多いです。
ミスを責める場合に関しては、ただミスを責めるだけでなく、どうしてそのミスを引き起こしたのか、という原因をしっかり本人に伝えることが大切です。
ミスに関しても、原因を理解していないことが多いので、ミスを伝えることは特に大切です。

スポンサーリンク

このような仕事上でのミスはしょうがない場合もありますが、アスペルガーの人は先述の通りプライドが高いので、自分の非を認めない、という性格でもあります。
ある程度社会経験を積んでいる大人であれば大体問題はないのですが、子供や社会人なりたての若者であるとそのような性格が残っていることもあります。
特に小さいうちであると、非を認めずにパニックを起こして友人同士でトラブルになってしまうことも多々あります。
このような場合に関しては、本人の言い分自体が理不尽なことも少なくはないので、周囲の大人がしっかり叱って理解させることが大切です。
特にやってはいけないことは人のせいにすることです。
自分のミスを認めることが出来ずに、責任転嫁をして解決しようとすることはアスペルガーの人には多いです。
このような責任転嫁は相手だけでなく自分の気分も悪いですし、失敗の原因が自分であることも後になってわかることであるので、その場で嘘はつかずに素直に謝ることが大切です。

スポンサーリンク