MENU

アスペルガー症候群における薬物治療と種類はどれくらい?

スポンサーリンク

アスペルガー症候群の人は知的な障害はないものの、対人関係の障害・コミュニケーションの障害・こだわりの強さなどといった特性があります。
そのことによって人間関係などで悩みを抱え、学校や職場などにおける社会生活がうまくいかないことがあり、うつ状態や適応障害などといった二次障害を起こすことがあります。
そのような二次障害の治療に薬物療法を用いることがあります。
薬物療法の種類も様々で、例えばうつ状態であれば抗うつ剤、不安や緊張が大きい場合は抗不安剤、不眠などがある場合は睡眠導入剤などが用いられます。
服用の方法の種類も様々で、一定期間において継続して服用する場合もあれば、頓服として必要なときに服用する場合もあります。
いずれも二次障害を治療することで生活の質を向上させることが目的であり、アスペルガー症候群そのものを治療するものではありません。
二次障害が快復することによって社会生活を円滑に送ることができる人も少なくありません。

スポンサーリンク

アスペルガー症候群は「病気」ではなく生まれ持った特性であり、発達障害の一種です。
特性を自他ともに理解し、強みを活用して弱点をカバーすることによって社会生活をうまく送ることも十分可能です。
一方で、一般的な感覚では何とも感じないようなことが気になったり悩みに発展してしまうこともあり、それによって社会生活をうまく送ることができない場合もあります。
アスペルガー症候群の人が薬物治療を行うことは珍しくありませんし、様々な種類の薬物が用いられています。
それはあくまでも生活の質の向上のためであるということを自他ともに理解しておくことがアスペルガー症候群の人が生き生きと社会で暮らしていくために必要なことの一つでもあります。
薬物以外にはカウンセリングなどといった精神療法・心理療法などが用いられることもあります。
精神療法や心理療法は特性を改善するためではなく、特性を理解して活かすためのものです。
生まれ持った特性を活用することは本人のためだけでなく、社会全体のためにも必要なことの一つでしょう。

スポンサーリンク