MENU

アスペルガー症候群の特徴は恋愛にも表れる

スポンサーリンク

アスペルガー症候群とは自閉症の一種である発達障害のことを指します。
具体的な特徴としてコミュニケーション能力の障害、社会性の障害、想像力の障害の3つがあります。
しかし知能や運動能力は普通の人と変わりないため、一見すると総合的にすごく変わった人の印象を受けると思います。
ですが1つ1つ注目すると特徴的な問題を持っています。
まずコミュニケーション能力の障害については、自分ばかり話をしたり他人の話に耳を傾けない、目が泳ぐなどがあります。
簡単にまとめると場の空気が読めないのです。
次に社会性の障害についてはコミュニケーションと被るところもありますが、場に合う服装をしない、言葉や作法を使い分けないなどがあります。
最後に想像力の障害については、環境や生活のパターンが崩れるとパニックを起こすことがあります。
他にも物の配置が変わった場合の例もあります。

スポンサーリンク

ここでアスペルガー症候群の人が恋愛をした場合について説明します。
障害を持っていても当然のことながら恋愛もしますが、問題は対人コミュニケーションが普通の人と比べて苦手な傾向を持っていることです。
自分に悪気はないものの、相手を一途に思い過ぎてしまい行動が度を超える場合があります。
反対に相手からのアプローチに全く答えることができない場合もあり、結果として別れてしまう悲しい例があるかもしれません。
障害の症状が足かせとなりうまくいかないこともありますが、その場合は相手の気持ちを確かめる駆け引きを出したり、歩調を合わせながらお互いの理解を深めるなどの努力をしたりといったように、相手とのバランスを取りながら歩いていくことが大切です。
何よりも大切なのは自分も相手もアスペルガー症候群についてを理解して接することです。

スポンサーリンク