MENU

アスペルガーの人の特徴で忘れやすいのはなぜ?

スポンサーリンク

アスペルガー症候群の人は短期的な記憶は得意ではあるのですが、長期的な記憶がとても苦手です。
そのため、物事を忘れやすいという特徴があります。
これは仕事だけでなく勉強に関しても同様であり、そのため、英単語の記憶などといった作業は最初は覚えることができたとしてもその覚えたと思っていた単語が忘れやすいのです。
これに関しては、アスペルガーは短期間でたくさんのことを記憶することができます。
そのため、テスト直前に一気にテストに必要な勉強を頭に詰め込んでテストに臨むことで良い点を取ることができるのです。
そうではありますが、それが身についているのか、と言われるとそれは違います。
新しい情報が頭に入ってくることで、古い情報が頭から消えてしまうという特徴があるので、そのため、物事を忘れやすいのです。
そのため、勉強にしろ、仕事にしろ、頭で理解したつもりになるのではなく、体にしみこむまでしっかり繰り返すことが人一倍大切といえます。

スポンサーリンク

それでは、アスペルガーの人がこのような物事を忘れやすいという理由でミスをしないためにはどのような対策をすればよいのでしょうか。
これに関しては、しっかりメモを取る、ということが大切です。
アスペルガーの人には物事を忘れやすい、というだけでなく、頭の中にある情報を整理することが苦手というような特徴もあります。
そのため、視覚的に理解することのできるようにしておくと忘れないだけでなく、優先事項を目に見える形で理解することができるので、物事の順序を組み立てやすくなります。
ただメモを取るだけでなく、この作業は後回しにしても問題ない、という場合であれば、それがわかるように何かチェックをしておくと、焦って2つの作業を並行してすることで頭の中がごちゃごちゃになってしまうというミスも避けることができるようになります。
物事を忘れやすくなってしまうのは、古い情報が頭から抜けやすいというだけでなく、このように頭の中で情報がごちゃごちゃになってしまうということも原因になります。
そのため、どんな時でも落ち着いて行動できるように、しっかり今自分がやらなければいけないことを理解できるようにしましょう。

スポンサーリンク