MENU

アスペルガーの診断方法ってどういうふうにやるの?

スポンサーリンク

発達障害の一つであるアスペルガー症候群。
この症状を放置しておくと、将来本人が生きづらい状況に追い込まれることもあるので、幼いうちから適切な療法を受けておくことが重要です。
アスペルガー症候群であるかどうかの診断は、医療機関や発達障害の支援センターでおこなうことができます。
実際の診断に用いられるのは、レントゲンやCTスキャンなどの医療機器を用いて器質的な異常を探る方法だけでなく、質問などを通して患者の内面をチェックする方法をおこないます。
患者との直接のやり取りだけでなく、家庭や学校、社会人であれば職場での生活状況なども詳しく聞き取り、これまでの生活の中で発達に特異な問題が無かったどうかをチェックします。
さらに質問に対する反応や理解力、発話の仕方、思考パターンなどをみて、自閉症や注意欠陥多動性障害など他の発達障害の症状と比較しながら診断を下すのです。
アスペルガー症候群だけでなく、他の発達障害を併発していることも多いので、慎重な検査が行われることになります。

スポンサーリンク

アスペルガー症候群であるかどうかを自己チェックできる方法もあります。
大人になってから自分と他者の間で違和感を感じる人も多いので、医療機関を受診する前に自分でチェックしておいてもいいでしょう。
アスペルガー症候群の人には特徴があります。
まず障害といっても知能の発達に遅れがみられることはありません。
言葉の発達も正常であり、こだわりが強いなど一部の面を除いては、通常の日常生活を送るのに支障を感じるような障害が存在するわけでもありません。
このあたりがアスペルガー症候群の人達が生きづらさを感じる原因でもあります。
つまり一見すると普通の人なのにもかかわらず、学校や職場での生活に困難が生じているのです。
周囲の人の障害への理解が得られにくいのが大きな問題となります。
自分でチェックする方法は発達障害の支援センターや、専門的にこの問題を取り扱っているインターネット上のサイトなどで公開されています。
質問に答えるだけで簡易的な診断結果を得ることができるので、気軽に利用してみるといいでしょう。

スポンサーリンク