MENU

アスペルガーの診断を受けるには病院の何科に行けば良いのか

スポンサーリンク

アスペルガー症候群は近頃患者数の増えている発達障害であり、仕事や学校などの人間関係を理由に、医師に診断を受ける人も少なくはありません。
そのようなこの発達障害の診断を受けるには病院の何科に行けばよいのでしょうか。
これに関しては心療内科が一番気軽に入りやすくオススメです。
また子供であると、心療内科は不安という保護者も多く、この場合に何科と思ったら小児科もオススメです。
特に大学病院などといった大きな病院であると、小児の発達障害を専門に取り扱っているところもあり、近所にそのような場所があるのであればそちらが良いでしょう。
心療内科だけでなく大人の場合では精神科でも診断を受けることができます。
アスペルガーだけでなく発達障害の疑いがある場合に何科に行けばよいのか困った場合に関しては、こちらの科を受診してみましょう。
精神系の病院は受診することに抵抗がある人も少なくはありませんが、近頃はこのように発達障害の患者も増えていることから気軽に受診することができるようになっているので、安心して利用することができます。

スポンサーリンク

それでは、アスペルガーの疑いがあって病院を受診した時、治療や診断の流れはどのようになるのでしょうか。
まず、初診の時に関しては、医師とのカウンセリングや、自分がどのような性格かを振り返るようなチェックシートを利用してどのような性格なのか、どのような点がアスペルガーに当てはまるのかなどといった点を確認します。
そして本格的な治療に入るのですが、重度でない場合、薬が処方されることはあまりありません。
アスペルガーはその場での対応力やコミュニケーション能力に問題のある発達障害であるので、こんな時はどうすれば良いのか、この言葉にはどのように返せば相手は不快な気持ちにならないのか、というような様々な場合のシミュレーションをすることによって相手への対応方法を身に着け、社会生活を自分も相手も気持ちよい気分で送れるようになるような行動療法を行います。
薬が処方される場合に関しては、うつ病などに使用されるような感情を落ち着ける薬が処方されます。

スポンサーリンク