MENU

アスペルガーな上司とのおすすめな付き合い方はとは?

スポンサーリンク

新入社員のアスペルガーが今話題にはなっていますが、診断を受ける若者が増えただけで、このような傾向がある人は昔からいます。
そのため、逆にアスペルガーの兆候のある上司との付き合い方に悩んでいる人も少なくはありません。
このような上司との付き合い方が難しい理由としては、やはり頑固で絡みづらい、それとは逆に距離感が近すぎる、といった理由が挙げられます。
アスペルガーには様々なタイプがあり、頑固で融通が利かない性格の上司であると孤立型、それとは逆の距離感が近すぎる上司であると積極奇異型である疑いがあります。
孤立型の人との付き合い方に関しては、仕事上で必要なコミュニケーションはしっかりとる、報連相はしっかりするといったことは大切ではありますが、プライベートにはあまり踏み込まないようにしてあげましょう。
休み時間などに一人でいる場合も自分から一人でいることを好んでそうしていることが多いです。
また、積極奇異型に関しては、逆にプライベートに踏み込みすぎるなどといった特徴があるので、あまり私事は話さないで仕事上の付き合いに徹底するなどといった対策が大切です。

スポンサーリンク

また、アスペルガーの人は、何か新しい情報が伝えられると、古い情報を忘れやすい、という性質があります。
そのため、連絡事項を忘れていることも少なくはなく、そのようなことを避けるために口頭で連絡事項を伝えるのではなく、メモにして渡してあげるようにするとそのようなことを避けることができます。
自分でアスペルガーを自覚している人であれば、自分でメモを取っている人も多いのですが、上司であるとそのような行動をしない人も少なくはないので、自分でメモにして渡したほうがミスになる原因を減らすことができます。
特に大事な連絡なのであれば、それに関しては、口頭ですべて伝えるのではなく、資料があるのであればそれも一緒に渡すようにしましょう。
アスペルガーの人は相手の話を聞き取ることが苦手です。
そのため、連絡事項の中でも大事なところを聞けていなかったりすることも少なくはありません。
そのため、そのような大事なところは念を押して説明して確認することも一緒にしておくとよいでしょう。

スポンサーリンク