MENU

受動型アスペルガーの恋愛について

スポンサーリンク

近年ではアスペルガー症候群に対する理解が進んでいます。
メディアで取り上げられることが多いため、名前ぐらいは聞いたことのある人は少なくありません。
 そしてそのアスペルガーは三つのタイプに分かれています。
積極奇異型・孤立型・受動型です。
 相手の気持ちをくみ取るのが難しいと言われているこの発達障害の影響は、当然ながら恋愛にも現れることになります。
 特に受動型を患っている女性だと、男性側からすればよい聞き手に映るため、男性側が自分に気があると思い込み、そのまま関係が進展してしまうということが珍しくありません。
 しかし、彼女たちは相手に流されて付き合っているだけなため、どうやって距離を取ればよいのか分からないということが多いのです。
 そのため、ベタベタしたかと思えば、いきなり冷淡になったりするなど、相手を戸惑わせることになります。
 これは知能低下など、分かりやすい問題を表面上抱えていないアスペルガー特有の恋愛事情なのです。

スポンサーリンク

 受動型アスペルガーの女性との恋愛は、基本的に男性側が誘いをかけることになります。
これはデートについても同様です。
 彼女たちは交際相手に流されて出かけることを決めるので、誘われたら基本的の断ることはありません。
これは相手から嫌われることを、彼女たちなりに避けようとするからです。
 しかし、彼女たちはデートというものを根本の意味で理解していないとされています。
それは服装やそのときの態度などで現れます。
 受動型のアスペルガーの人は、触覚が敏感なので、着用できる服が自然と定まってきます。
そのため、傍目から見ればファッションセンスに疑問を感じさせるような服装をすることが多々あります。
 化粧にも興味がなく、いわゆるすっぴんで出かけるのに抵抗がないため、基本的におしゃれは苦手だと解釈すべきなのです。
 また、彼女たちは出かけた先で交際相手よりも周囲の風景などに夢中になる傾向にあるため、いかにもマイペースに見えます。
 彼女たちと恋愛をするのに必要なのは、包容力だと言えます。
そこを意識しておきましょう。

スポンサーリンク