MENU

軽度のアスペルガーの子供の特徴は

スポンサーリンク

アスペルガーは重度であると周囲の人たちに合わせるということが難しいことから社会生活を送ることが困難になってしまう人もいますが、軽度のアスペルガーであると、子供でもクラスに1人はいても普通というレベルで普通に生活をしています。
このような軽度のアスペルガーの子供にはどのような特徴があるのでしょうか。
まず、この発達障害にも様々なタイプがあり、そのタイプによって子供の性格や特徴も異なります。
まず、積極奇異型タイプであると、委員長や生徒会など目立つリーダーポジションをやりたがる性格ではあるものの、どこか空回りしやすく、余計なおせっかいで他の子とトラブルになりやすいという特徴があります。
次に受動型は自己主張をあまりせず、目立たないタイプではあるけれども自分の意見も全然持っていないという特徴があります。
そして最後の孤立型は周りの子たちとあまりかかわろうとせず、休み時間も読書などといった一人で過ごすことが好きで、無理に遊びに誘ったりすると不機嫌になったりすることもあります。

スポンサーリンク

アスペルガーはこのような種類ごとの性格の特徴は異なりますが、共通していることもたくさんあります。
作業を並行して行うことが難しかったり、不器用で細かい作業や運動が苦手などといった点です。
アスペルガーはいわゆるあまり空気を読めない発達障害であり、軽度であると保護者も発達障害であるということに気づかないということもあり、そのような理由から学校や幼稚園の友達から避けられてしまうということも少なくはありません。
特にアスペルガーの子供がトラブルになりやすい原因としては、やはり自分の主張が通らない場合です。
こだわりが強い性格であり、周りの子たちからすると大したことでないことでイライラとしたり、そのような理由でケンカになってしまうことも多いです。
そのようなことを避けるために、家庭であっても人の話をしっかり聞く、ある程度のことは我慢する、どうしてもという時は不機嫌になる前に一度人と交渉してみるということを練習してみましょう。

スポンサーリンク