MENU

アスペルガー症候群の遺伝状況は兄弟内で分かれることがある

スポンサーリンク

アスペルガー症候群とは自閉症の一種である発達障害のことを指す言葉になります。
自閉症とは精神発達障害のことを指し、症状としては主に対人関係、言語発達、特定の状態や物への固執などがあります。
アスペルガー症候群の特徴を簡潔にまとめると、人との話し方や接し方が苦手な傾向になります。
例えば周囲の意見に対して場違いな発言をしてしまう、相手の気持ちを考えず自分の考えで発言してしまうなどがあります。
しかし本人に全く悪気がなく自覚もないため、周りの人に誤解を招いてしまうことが多くあります。
症状によっては極度の対人障害や言語障害を発症することもありますが、実は生活環境や訓練によって症状を軽度または改善させることもできます。
大切なのは障害を持ってしまったなどの後ろ向きな認識ではなく、苦手な傾向を徐々に克服させようとする前向きな姿勢です。
意識させて無理矢理矯正させるのではなく、時間を掛けてゆっくりでも徐々に改善させようとする周りの配慮も重要になります。

スポンサーリンク

アスペルガー症候群の症状は早い人で3歳や4歳と言った幼少期に表れます。
その症状や障害が表れる原因については、現時点では遺伝によるものとの意見が有力です。
例えば親がアスペルガー症候群の障害者だった場合、産まれてくる子供へ遺伝されてしまったとの事象もあります。
また親が何も障害を持っていない場合でも、少ない確率で産まれた子供に発症してしまう例もあります。
これらの原因については様々な意見がありますが、現時点では遺伝による例も突然発症の例も原因の特定には至っていないのが現状になります。
ここで産まれた子供が兄弟だった場合についてです。
この場合も遺伝される確率によって兄弟内の発症結果が異なります。
結果として兄弟2人に発症した場合とどちらにも発症しなかった場合、兄弟の内の片方にだけ発症した場合の3通りがあります。
結論としてアスペルガー症候群が産まれた子供に発症してしまうことが低確率ながらも存在します。
さらに兄弟だった場合は1人にだけ発症してしまうなどの事象も存在するため、知っていてください。

スポンサーリンク