MENU

アスペルガー症候群の3歳児の症状と特徴について

スポンサーリンク

3歳くらいになると、家庭以外での経験が増える頃になります。
幼稚園に行ったりお稽古ごとを始めたりと社会生活を経験し集団と関わり始める年齢です。
このときに同年齢の子供たちと接することで他の子供たちとの違いに気付くようになります。
アスペルガー症候群の子供は同年代の子供と遊ぶのが苦手な事が多いとされています。
自分より下の子や上の子と遊ぶことが多いのです。
アスペルガー症候群の子供は基本的には一人遊びが好きな子が多く、遊びに誘われると断りにくくおとなしく遊びます。
3歳児位ですと語彙が急速に増えていく年齢でもあります。
しかし、アスペルガーの3歳児の特徴として、主語になる人が変わる事で「行く」という言葉が「来る」と変化したり、場所が変わる事で「ここ」が「あそこ」に変わる事がよく理解できないことがあります。
ただし、3歳児くらいですと、まだ、アスペルガー症候群であると判断するのは難しく、親を始め周りの人達も少し変わった子と思い、発見を遅らせる原因ともなっています。

スポンサーリンク

そこで、アスペルガー症候群の子供の症状を知っておく事も必要です。
まず、最初に遭遇する壁ともいうべき事は幼稚園などでの友人関係です。
他人に無関心の事が多く、友達の輪の中に入らずに一人で遊ぶ事が多くあります。
友達が持っている物を強引に取ったりするので、乱暴者とかわがままな子と思われ、余計に孤立し一人遊びをすることになりがちです。
また、特徴としては、周りの空気が読めないために、思ったままを口に出してしまうため、友達を傷つけてしまうこともあります。
ですから、同年齢の集団と孤立しているようであれば注意が必要です。
症状としては姿勢がくずれる傾向にあり、猫背であったり、ダラダラ合歩くなどの様子が見られます。
年齢の割に自分で身の回りのことが出来ないなどの症状もあります。
3歳までに自分で靴が履けない、服が着れないなどの症状があり、自分でどうすれば良いかわからないときにはパニック状態になる事もあります。
それから、興味を持ったことには驚異的に熱中して大人でも難しい積み木やパズルをやり遂げる事もあります。
アスペルガー症候群の3歳児はこのような特徴も兼ね備えています。

スポンサーリンク