MENU

アスペルガーの人がテストなどで文章の理解能力が低いのはなぜ

スポンサーリンク

アスペルガーの人はテストでも、文章の理解能力がほかの能力と比べて著しく低いことが多いです。
これは一般的な知能テストだけでなく、学校の国語のテストがほかのテストの点数よりも低い、ということも同様です。
また、文章として目で見えるものだけでなく、会話でも同様であり、人から言われていることを理解することができないことも多々あります。
この理由に関しては、アスペルガーにはADHDを併発している人が多く、注意力散漫が理由に挙げられます。
そのため、文章を飛ばし飛ばしに読んでしまうために文章が理解できない、ということが起こってしまうのです。
会話に関してはなおさらであり、アスペルガーの人は聴覚が過敏な人も多いです。
そのような人であると、相手の話だけでなく、周囲の人の会話や外を走っている自動車の音など、すべての音が耳に入ってきてしまうので、相手の話に集中することができず、そのために話の重要な部分を聞き逃しているということも多いです。

スポンサーリンク

それでは、アスペルガーの人の文章の理解能力を上げるためにはどのようにすれば良いのでしょうか。
まず、学生期間のテスト勉強に関しては、アスペルガーの人には理数科目が得意という人が多く、その理由には、規則性がはっきりしているから、という理由があります。
それとは逆で、国語は規則性がないから苦手、という人が多いです。
そのため、国語にも規則性を見つけることで国語を得意にすることができます。
特に苦手な人が多いのが現代文です。
受験やテストの現代文に関しては、決して様々な答えがあるというわけではなく、あくまで間違い探しという感覚で挑むことによって苦手意識をなくすことができます。
選択肢問題であると、文章に書いてあることと少しでも合致しない点が1つでもあればそれは選択肢ではないので、消去法で答えを見つけることができますし、記述問題であれば、まず一番大切な部分を探して、それに聞かれている趣旨がずれないように少しずつ周辺から言葉を借りて必要な文字数にすれば良いのです。
このようにパズルのように問題を解いていく癖をつけることで苦手な国語対策をすることができるようになります。

スポンサーリンク