MENU

アスペルガーのこだわりの強い性格にはどのように対応すれば良いか

スポンサーリンク

アスペルガー症候群の人はとてもこだわりが強い性格を持っているという特徴があり、周囲の人がそのこだわりの強さにどのように対応すれば良いのか困ってしまうということも少なくはありません。
また、発達障害であっても学力面では問題がないということもあり、なかなか周囲の人に発達障害ということを理解してもらうということも難しいのがアスペルガーの現状です。
このようなアスペルガー症候群のこだわりの強い性格に関しては、相手の行動に対して理不尽であるなどといった不満を持ってしまい、相手に対して不快な態度をとるなどといった対応をすることから余計に扱いづらい人と思われてしまうことがあります。
このような場合、何も言わずにただ不快な感情を表すだけで、どうして自分の気分が悪いのか、ということを説明しないために相手も不快な気分になってしまいます。
例えば、席の順番が気に入らないのであれば、自分はここに座りたい、をいう意思表示をすることで相手を不快な気分にさせずに済みます。

スポンサーリンク

このようにアスペルガーの人もこのような自分のこだわりが通らなかった時の対応方法を知っておくだけでも、人間関係を円滑にすることができます。
また、周囲の人もそのような性格であることを理解し、何か嫌そうな表情をしているのであれば一声かけてあげるだけでも相当違います。
これが子供であれば問題ありませんが、アスペルガーの人は大人になってからこの発達障害が発覚するということも少なくはなく、このようなことを社会生活でやってしまうと人から扱いづらい人として避けられてしまうこともあるので、ただ発達障害を周囲の人に理解してもらう、ということだけでなく、こだわりが強い、仕事がなかなか遅いなどといった、自分も発達障害であるためのハンデを少しでも改善する努力を見せることによって職場の人たちに自分のことを理解してもらいましょう。
このような自分の行動を改善するだけで職場の人間関係だけでなく交友関係も大きく変わってきます。

スポンサーリンク