MENU

アスペルガー症候群の薬と副作用

スポンサーリンク

先天性の脳機能の偏りが原因であるアスペルガー症候群には、基本的には薬物療法は行なわれません。
ただし、アスペルガー症候群の二次疾患となるうつ病や総合失調症、不安障害などを併発した場合には、薬物療法が施されるようになります。
アスペルガー症候群の患者さんは、脳機能が偏っているために、社会生活に適応しない傾向が強いので、認知行動療法や心理療法などが通常施されます。
 社会生活に適応できないことから、アスペルガー症候群の患者さんはうつ病になることも多く、その際に処方される薬は気分を安定させるセロトニン(SSRI)と、活動性を高めるノンアドレナリン(SNRI)の分泌を増やす薬が処方されます。
 副作用として、SSRIには飲み始めの1週間〜2週間くらいの間は、吐き気や不安、焦燥感などの副作用が起こるケースが多いのですが、服用し続けていくうちのこれらの副作用はなくなっていきます。
また、SNRIには頭痛や口の渇きといった副作用があります。

スポンサーリンク

 前述しましたように、アスペルガー症候群の患者さんには、精神疾患の二次疾患を併発しなければ薬は処方されません。
精神疾患を併発した場合には、早期に受診すればそれだけ早く治りますので、副作用のリスクを最小限にとどめることが可能となります。
 アスペルガーの方は、普通の人より記憶力が格段に優れていて、素直でまじめな性格という特徴がありますので、ネガティブな体験の積み重ねによって、精神疾患を併発することも多く、薬を服用するようになると副作用の悩みが出てきます。
もっともベストな対処法は、精神疾患を併発する前に専門機関を受診するという選択です。
 認知行動療法や心理療法などを受けることによって、ネガティブな体験を受け止めて劣等感を積み重ねるということを回避することができますので、精神疾患を併発する確率が低くなるからです。
この病気の方は、「生きずらさ」を抱えて生活していることが多いということを、周りの人も理解しておくということが重要です。

スポンサーリンク