MENU

アスペルガー症候群の攻撃的と見られる特徴

スポンサーリンク

アスペルガー症候群は理性を司る前頭葉、つまり脳の病気です。
決して悪気があるのではなく、社会常識に疎いため場に適さない発言をしたり、自分のやりたいことには我慢できず無理に行おうとしたりする特徴があります。
また曖昧な表現を理解できず、物事の白黒をはっきりさせたがる傾向があります。
言葉を直接的に受け止めてしまうことも多いので、突然怒り出すなど攻撃的に見られることもあります。
環境変化に弱く予期せぬことが起こるとパニックに陥ることもあります。
そのため周囲からは『変わり者』や『非常識な人』と見られてしまいます。
子供の頃に比べると病気を理解して守ってくれる人が減るので、大人になってからの方が良好な人間関係が築けず悩んでいる人は多いのです。

スポンサーリンク

そんなアスペルガー症候群のマイナス的な症状や特徴も、見方を変えると特定の分野では思わぬ実力を発揮できる場面もあります。
まず、臨機応変な対応は苦手ですが、一つのことを繰り返し作業する能力には長けていたり、興味を持った物事にはかなりの集中力が発揮されることもあります。
またアスペルガー症候群の人は一見攻撃的と見られがちですが、真面目でどちらかと言うと内向的なのも特徴で、一度覚えた仕事をコツコツこなすタイプが多いのです。
事実、コンピューターのプログラマーや統計学、在庫管理などの分野でアスペルガー症候群の人が多く求められています。
これらのことを踏まえ、アスペルガー症候群の人が適した職業を見つけること、そして病気や症状をきちんと理解した人がいる環境で安定した生活を送ることができる社会づくりが、もっと必要です。

スポンサーリンク