MENU

アスペルガーの人の恋愛感情で注意すべき点

スポンサーリンク

アスペルガーの人が恋愛の感情で注意すべき点です。
アスペルガー症候群の主な症状としては人付き合いやコミュニケーション、感情のコントロールが苦手ということが挙げられます。
それゆえ、恋愛を含めた人間関係で問題になってしまう事が多いです。
恋愛対象者がアスペルガーだった場合、まず気をつけておくべきことは、一つ一つの表現で意味が分からなかったり、意図しないような発言があった場合、感情的に対応せず、「それはどういうことなの」などと確認して、しつこく聞くのではなく、時間を置いて返答してもらうことが大事です。
また、患者にとっては曖昧なことが嫌いです。
なので、暗黙の了解として、場を作り出すのではなく、生活のルールをお互いに決めておくことも重要です。

スポンサーリンク

さらにアスペルガーの人は、特徴として、交際相手などの気分を悪くさせたり傷つけてしまうことがあります。
そのことによって、いざこざとなり、恋愛がうまくいかなくなることが多いです。
お互いに傷つく前になぜそういう発言をしたのかはっきり聞く必要があります。
そのようなことが類例となり、未来において、同じようなことにならないようにすることができます。
また交際相手にとってみると、こういうことはしない方がいいなど、注意するところも把握できます。
また、アスペルガーの人、交際相手だけの関係だけに収まらせないで、うまく第三者を巻き込むことも大事です。
自分達だけで考えても、不明な点も多いので、困ったことなどを相談できるような環境づくりが大事です。
例えば、医療機関や家族が集まる会などに積極的に関わることです。

スポンサーリンク