MENU

アスペルガー症候群の子どもの療育について

スポンサーリンク

アスペルガー症候群とは発達障害の一つです。
知的障害がなく、言葉の遅れがなく、対人関係を気付くのが難しく、こだわりが強い、と言った特徴があります。
その症状によって私生活に支障をきたしている状態のことです。
知的障害や言葉の遅れがないため、子どもが小さいころは気づかれにくく、幼稚園や保育園に通うようになって、指摘されて気づく人がほとんどです。
原因はわかっていません。
診断は専門の医師に任せましょう。
対人関係の面では、健常者ですと相手の表情やしぐさから相手の考えていることを読み取れますが、アスペルガー症候群の人はこれが欠けています。
こだわりが強いというのは、興味があることが偏り、興味があることに関しては異常なまでに関心を示します。

スポンサーリンク

原因がわかっていないため、治療薬もありません。
社会生活に支障をきたさないように療育が行われています。
アスペルガー症候群はアーチストや学者に多いと言われています。
こだわりが強い面が芸術面に働けば、アーチストになる可能性もあります。
ある分野に興味が強ければ学者になることもあるということです。
社会生活に適合できるようにすることは大切ですが、基本的には長所をほめてさらに伸ばしてあげるという考え方です。
療育は言葉だけで指導するのではなく、出来るだけ具体的に視覚的に理解できるように指示を出すなど子どもが受け入れらるように工夫されています。
出来るだけ早い段階で医師や専門家と子どもの療育について方針を決めることが子どものためになるでしょう。

スポンサーリンク